ココ蔵と ほっこりタイム

ほっこりできるシアワセ。

「ずっと、いっしょだよ。」ココ蔵、虹の橋へ・・・

f:id:cocozoupome:20210304161038j:plain


f:id:cocozoupome:20210506160207j:plain

綺麗なお花に囲まれて


 久しぶりにブログを書きます。

しばらく書くことができませんでした。

 

 私の大切なココ蔵が、4月19日に旅立ってしまいました。

前回のブログ更新後、状態が更に悪くなり、目が離せなくなって、一日中付き添って介助する生活になりました。

 

 私は、職場の方にお願いして、娘が休みの日以外は仕事を休ませてもらいました。

そして、家族みんなで協力して、ずっとココ蔵と一緒にいました。

 

 最後まで、ココ蔵は生きようとがんばりました。

 私たち家族も、一緒にがんばりました。

 

 息を引き取るまで、本当に壮絶でした。

みんなで、何度も何度も色んな言葉をかけました。

 

 最期は、夫が寄り添い、娘に抱っこされ、私が頭と顔を撫でながら見つめあって「ずっといっしょだよ。ずっといっしょだから!」と言葉を絞り出すと、「うん!」と、覚悟を決めたように、うなずいて私の瞳を見て逝きました。

 

 ココ蔵は、最後の最後まで苦しんだけれど、息を引き取った後は、気持ちよく眠っているような穏やかな可愛い顔をしていました。

 

 きっと、もう苦しくないよね?病気から解放されて走り回っているよね? 

 

 ココ蔵を失ったことで、心がぼろぼろに引きちぎられたようでした。

 涙は、いつまででも流れるのだ、ということを知りました。

 

 翌日、ココ蔵の火葬をお願いしました。

お別れの時、ぼろぼろになった心が、再びえぐられるようでした。

泣いて、叫んで、懇願して声も枯れてしまいました。

 

 そして数時間後に、可愛い水色の小さい骨袋に入って帰ってきたココ蔵は、まだほんのりと温かくて・・・ただ、もう「おかえり」という気持ちだけでした。

 

 ココ蔵の仏壇は、男の子ですが可愛い桜色にしました。

その周りは、いただいたお花やお供えでいっぱいになりました。

ココ蔵の写真がお花に囲まれているのを見ると、なんだかとても嬉しくて癒されました。

 悲しい時のお花の力は素晴らしいんですね、ありがとうございます。

 

 そういえば、ココ蔵と桜を見ることは叶わなかったなと思う。

私の住む街では、今ようやく桜が咲いてきているのです。

 

 いま、少しだけ時間が経って、家族みんな何とかやっています。

まだ、思い出すと涙が出てきてしまうけれど、私たちが悲しんでばかりだと、ココ蔵が、虹の橋で楽しく遊ぶことができないと思い、少しだけがんばっています。

 

 いつか一緒に虹の橋を渡れる日がくるのかな?

それとも、ココ蔵が生まれ変わって再び出会うことができるのかな?

 

 ココ蔵、私たちのところに、来てくれてありがとう。

13年と6ヵ月、いっぱいの笑顔と愛をありがとう。

本当に本当に楽しかったよ、心から愛してるよ。

 

  そして・・・

ずっと、ずっと、いっしょだよ。

だってココ蔵は、私の心の真ん中に広がる、温かい陽だまりだから。