ココ蔵と ほっこりタイム

ほっこりできるシアワセ。

昨年判明した非定型アジソン病

 

f:id:cocozoupome:20210308231253j:plain

 


 今朝は、みぞれ交じりの湿った雪がけっこうな勢いで降っていたので、また少し重たい雪が積もりました。日中は、晴れたんですけどね。

 

 そしてまたしても朝イチで、ココ蔵を病院に連れて行きました。

少し食欲と元気は出てきたけど、引き続き下痢をしていたんです。

先生に診てもらって、注射と皮下点滴をしてもらい、再びラクダになったココ蔵さん。

 その後は、すっかりラクになったのか、食欲もモリモリになってきて、ぐっすり眠れている模様です。よかったよかった。

 

 ココ蔵は、普段でも3日~5日置きくらいで通院してます。

9歳くらいから腰痛や気管虚脱、心不全、非定型アジソン病と病気が増えていき、レーザー治療や投薬、注射などで治療してもらいながら小康状態を保っています。

 

 ココ蔵は、昨年の秋から約3カ月半入退院を繰り返して、すっかり痩せてしまいました。

膀胱炎→気管支炎→肺炎と繰り返し治療し、その後腰の両方に脂肪腫ができて、急に化膿して熱が出て吐く、ずっと食欲も無く、色々検査したけどなかなか原因が特定できませんでした。

そして、判明した病名が「非定型アジソン病」でした。

「副腎皮質機能低下症」という病気で、症状が特徴的ではないため発見が難しい病気のようです。

犬の副腎皮質機能低下症は、副腎が委縮してしまい、副腎ホルモン(グルココルチコイド、ミネラルコルチコイド)の分泌が減ってしまう病気だそうです。

ココ蔵の場合は、電解質異常がなく、グルココルチコイドのみ低下しているので、非定型アジソン病になるそうです。

 

 命にかかわる病気だけど、きちんと薬を飲んで治療すれば維持できるとのことなので、その後、薬が効いているようで落ち着いています。

あと、ストレスを与えるのもよくないようなので、なるべくストレスを与えないよう気をつけて過ごしてます。

治ることは無く徐々に悪くなって、いずれはアジソン病になってしまうかもしれないとのことですが、できる限りのことをして、元気な時を少しでも長く維持していきたいと家族で協力しています。

なので、どんどん甘えん坊に拍車がかかってきて大変ですが・・・

仕方ないです笑