ココ蔵と ほっこりタイム

ほっこりできるシアワセ。

明日は、ココ蔵の百箇日法要です。

f:id:cocozoupome:20210725222935j:plain

エヘッて めんこい顔のココ蔵

 

 ココ蔵が旅立って、もう百箇日・・・いや、まだ百箇日なのかという気持ちです。

少しずつ、泣いている回数や時間が減ってきたけれど、時々発作のように涙が出てしまいます。

 

 毎日が普通に過ぎて行きます。

ココ蔵が居た頃は、毎日早起きして、なんだかとっても忙しくて、自分の時間なんてあんまりなかったんです。

 

 特に調子が悪くなってきた晩年の三年間くらいは、ココ蔵のことを考えない時間が無かったくらいココ蔵中心の日々でした。

 通院とお世話が大変でしたが、それと同時に、かけがえのない存在として愛しさや絆が強まっていった濃厚な時間でした。

 

 今は、時間の余裕も出来て、やりたいことも出来るし、心配も無いし、身体もラクになったんです。

 でも、ココ蔵に逢いたくて、寂しくて、空虚な時間が流れていきます。

 なんだか、お別れしてからとても長い時間が過ぎたような気がしています。

 

  毎日、ココ蔵の仏壇にお水とフードとおやつをお供えして、お花の水を換えてお線香をあげお参りします。

 お供え用のおやつは、色んな種類をたくさん買ってしまい、生前より多くなってしまいました。

 

 よく、亡くなったワンちゃんの気配を感じるとか聞くのですが、私も家族もそれが全くなくて、夢にも出てきてくれないし、思い残すことも無く成仏できたのかなと思ったり・・・

 

 お参りする度、生まれ変わってきてほしいと思っていたけれど、最近それは、おしつけのような感じがするなと反省しました。

 

 私のココ蔵は、もう戻らないけど

 精一杯生きて私達と一緒にいてくれた。

その時間が、それこそが全てなんだと思えるようになりました。

 

  だから、どうか私がいつか旅立つ時に、虹の橋のたもとに迎えにきてほしい。

そうして、一緒に虹の橋を渡ろうね。

 最近、そう思ってお参りしています。

 

 

 とはいえ、あの笑顔、あのモフモフの温もり、一緒に歩いた散歩道・・・思い出すとすべてが愛しくて、そして切ないのです。

 

 ココ蔵とのお別れの後、あまりにも辛過ぎて、もうワンちゃんを家族に迎え入れることはしないと思いました。

 

 でも、満面の笑みで散歩しているワンちゃんと飼い主の方を見たりすると、微笑ましいと思いながら、「いいな~っ」とうらやましくなるのです。

 そして、そんな時は、ココ蔵と自分がそうだったことを懐かしく思い出すのです。

 

北海道は、菜の花が見ごろ

f:id:cocozoupome:20210604194852j:plain

 

 遅ればせながら、北海道は今、菜の花の季節。

先日、近場の菜の花畑に、ドライブがてら夫と写真を撮りに行ってきました。

春の明るい日差しの中、鮮やかな黄色が心に染みて、なんだかグッときちゃいました。

 

 

 久しぶりに、ここに戻ってきました。

 明日の6月6日が、ココ蔵の四十九日なんですよ。

 

 ココ蔵が旅立ってから、淡々と毎日が過ぎて行きます。

そして、言い表せないような寂しさと感情を持て余す時間が続いています。

 

 しばらくは、涙が止まらない日々で・・・

それでも家事や仕事をしなければならないから、気をまぎらわせながら、目の前の事をこなす、そんな感じの毎日が続いていました。

 

 ただ、家族みんな同じ気持ちだったので、たくさんココ蔵の話をして、たくさん一緒に泣くことが出来たことが救いでした。

 

 少しだけ自分の中に変化が訪れたのは、ココ蔵の月命日の2日前でした。その日は久々に晴れていて、車を運転して仕事に向かう途中、いきなり街路樹の新緑が目に飛び込んできて緑が煌めいて弾けたのです。

 

 毎日見ていたはずなのに、気づけなかった景色…

いつのまにか季節は移り変わり、青々と茂った緑の鮮やかさに、一瞬胸が震えました。

 

 そうしたら、横断歩道を渡る学生達の笑い顔、楽しそうに手を繋いで歩く親子の後ろ姿、風に揺れるチューリップの赤や黄色、そんな細かいことが見えてきたんです。

 

「あぁ、色がなくなっていたんだ」ってその時思いました。

 

  小説や歌詞なんかで「色をなくした」って出てきた時、私が想像していたのは、モノクロームの世界でした。

 

 でもそれは違った、見えているのに、感じない。

鮮やかさが消え去り、くすんだ煌めきのない世界なんだなって思いました。

 

 なんだか私は、ココ蔵の看取りの時からずっと、ユラユラと水の中を漂っていたような気がします。

 

 ちゃんと戻ってきて、しっかりと現実を生きなければと思いました。

 

 それでも、毎日ココ蔵の仏壇にお水とフードとおやつをお供えして、お花の水を変えて、お線香をあげてチーンとして、逢いたくて涙が溢れる日々は続いています。

 

 なんだか時間の流れの中で、薄いベールに包まれるように、ココ蔵が少しずつ遠ざかっていくようで、それがとても悲しいのです。

 

 とはいえ、明日は綺麗なお花をいっぱいと、大好きなご馳走をいっぱいお供えして、ココ蔵の四十九日の法要を家族で行います。

 

 「大好きなココ蔵が、元気で楽しく虹の橋で過ごせますように。」

 また逢える日を信じて、思いを込めてお参りしよう。

 

f:id:cocozoupome:20210604194909j:plain
f:id:cocozoupome:20210604194925j:plain

 

 

「ずっと、いっしょだよ。」ココ蔵、虹の橋へ・・・

f:id:cocozoupome:20210304161038j:plain


f:id:cocozoupome:20210506160207j:plain

綺麗なお花に囲まれて


 久しぶりにブログを書きます。

しばらく書くことができませんでした。

 

 私の大切なココ蔵が、4月19日に旅立ってしまいました。

前回のブログ更新後、状態が更に悪くなり、目が離せなくなって、一日中付き添って介助する生活になりました。

 

 私は、職場の方にお願いして、娘が休みの日以外は仕事を休ませてもらいました。

そして、家族みんなで協力して、ずっとココ蔵と一緒にいました。

 

 最後まで、ココ蔵は生きようとがんばりました。

 私たち家族も、一緒にがんばりました。

 

 息を引き取るまで、本当に壮絶でした。

みんなで、何度も何度も色んな言葉をかけました。

 

 最期は、夫が寄り添い、娘に抱っこされ、私が頭と顔を撫でながら見つめあって「ずっといっしょだよ。ずっといっしょだから!」と言葉を絞り出すと、「うん!」と、覚悟を決めたように、うなずいて私の瞳を見て逝きました。

 

 ココ蔵は、最後の最後まで苦しんだけれど、息を引き取った後は、気持ちよく眠っているような穏やかな可愛い顔をしていました。

 

 きっと、もう苦しくないよね?病気から解放されて走り回っているよね? 

 

 ココ蔵を失ったことで、心がぼろぼろに引きちぎられたようでした。

 涙は、いつまででも流れるのだ、ということを知りました。

 

 翌日、ココ蔵の火葬をお願いしました。

お別れの時、ぼろぼろになった心が、再びえぐられるようでした。

泣いて、叫んで、懇願して声も枯れてしまいました。

 

 そして数時間後に、可愛い水色の小さい骨袋に入って帰ってきたココ蔵は、まだほんのりと温かくて・・・ただ、もう「おかえり」という気持ちだけでした。

 

 ココ蔵の仏壇は、男の子ですが可愛い桜色にしました。

その周りは、いただいたお花やお供えでいっぱいになりました。

ココ蔵の写真がお花に囲まれているのを見ると、なんだかとても嬉しくて癒されました。

 悲しい時のお花の力は素晴らしいんですね、ありがとうございます。

 

 そういえば、ココ蔵と桜を見ることは叶わなかったなと思う。

私の住む街では、今ようやく桜が咲いてきているのです。

 

 いま、少しだけ時間が経って、家族みんな何とかやっています。

まだ、思い出すと涙が出てきてしまうけれど、私たちが悲しんでばかりだと、ココ蔵が、虹の橋で楽しく遊ぶことができないと思い、少しだけがんばっています。

 

 いつか一緒に虹の橋を渡れる日がくるのかな?

それとも、ココ蔵が生まれ変わって再び出会うことができるのかな?

 

 ココ蔵、私たちのところに、来てくれてありがとう。

13年と6ヵ月、いっぱいの笑顔と愛をありがとう。

本当に本当に楽しかったよ、心から愛してるよ。

 

  そして・・・

ずっと、ずっと、いっしょだよ。

だってココ蔵は、私の心の真ん中に広がる、温かい陽だまりだから。

ココ蔵用のミニ焼肉!

f:id:cocozoupome:20210409184501j:plain
f:id:cocozoupome:20210409184525j:plain
焼いた牛ロースを夢中で頬張るココ蔵


  

 最近ココ蔵は、呼吸が荒く苦しそうな時が多かったり、寝ている間の痙攣もあったりと調子が悪い日が続いていました。

 

 そして食欲はあるようなのに、今まで食べていたものを食べなくなるということが頻繁になり、次は何を食べさせようか???…と悩ましい日々が続いています。

 

 なんか元気づけに、美味しいものを食べさせたいな~と考えていてハッとひらめいたのが、毎年夏場に家の庭でやっている焼き肉のこと。

 いつも、炭をおこして色々準備している夫を、窓から見ているココ蔵さん。

「やきにくだ!」ってすごいテンションで吠えていたのを思い出しましたよ。

 

 という事で、昨日牛ロースを買ってきて、YouTubeのキャンプ動画にハマっている夫が、100均(セリア)の鉄板と固形燃料とポケットストーブなるものでココ蔵用に牛ロースを家で焼いてくれました

 ココ蔵は、美味しそうな香りにマズルをヒクヒクさせて、身体を起こしてあげたらヨロっとしながらも四つ足で立って、ものすごい勢いで牛ロースを食べました!

 なんか満足そうなココ蔵を見て、私たちも満足。

(ちなみに私たちも、ホットプレートで鉄板焼きをして満腹笑)

 

 今日病院に行って、アジソン病の注射をして、抗生剤をもらって帰ってきたら、なんだか元気そうで、久々に起きてる時間も長くてワンワン吠える声も聞きました。

 

 この調子が、続くといいな~と願います。

 

床ずれ予防ベッドが来た!

f:id:cocozoupome:20210403142203j:plain
f:id:cocozoupome:20210404161830j:plain
広々~とした床ずれ予防ベッド       ネックピローでアゴ乗せココ蔵


 一昨日の夕方、ココ蔵が退院してきました。

先日注文していた「床ずれ予防ベット」が届いていたので、さっそく使ってみました。

 ちゃんとサイズを確認しないで中型犬用を注文したら、思っていたよりかなり大きくて、みんなの第一声が「でっか!」でした。

  でも使ってみたら広々としていて、大きめにしてよかったかなと思いました。

 

 ぺティオさんの「床ずれ予防ベッド」を、ココ蔵に使った感想です。

  • 軽いし四隅に持ち手も付いていて移動しやすい
  • 適度に弾力が有り沈まないので、動ける前足の踏ん張りが効いて上体を起こしやすい。    
  • 通気性も良さそうで、お手入れもしやすい。
  • 付属のマットタオルを洗濯したら、コットンパイル生地のケバケバが結構出たのが残念。(多分数回洗濯したら出なくなると思いますが)

 

 マットタオルのケバケバ以外は大満足で、ココ蔵も寝やすそうだし、とても良い商品だと思います。

 本当に買って良かったです!

 

 あと、家にあった私たち用のネックピローが、とても役立っています。

アゴを載せるのに丁度よいみたいで、ココ蔵はラクそうに寝ています。

 

 ココ蔵は、上体は起こせるし、支えたら少し立っていることもできるけれど、やはり後ろ足が弱っていて動けないままでした。

 病院では、あまり食べずに水も飲まなかったとのことですが(いつも、家以外だとそんな感じ)、帰ってすぐに水をがぶ飲み、茹でた鶏むね肉をガッついて食べました。

 

  昨日は、朝イチで病院へ行って点滴になり、夕方またお迎えに行きました。

 

 今日は、先生が水も飲めて食べていたら、一日様子を見てもいいとのことだったので、朝ギリギリまで家族で悩み、水も飲んだし少しだけ食べられたので病院はお休みしました。

 また明日の朝病院へ連れて行こうと思います。

 

 ここのところ、ココ蔵は時々眼振があり(先生が目まいだといっていた)、意識がもうろうとしているような時があって、そのたび心臓が縮まりそうになります。

 

 今日もココ蔵は、ほとんど眠っていましたが、日中に家族三人でココ蔵を抱っこして家の周りを少し散歩しました。

 外の景色を眺めながら嬉しそうで、家に帰ると、支えられながらですが四本の足で踏ん張って立って何かを待っています。

いつも散歩の後、おやつをもらえるので、それかな?とおやつを少しあげると食べました!

 

 自分で散歩してなくても、ココ蔵的には「散歩」だったんですね~!

歩けないしヨロヨロですが、立ってオシッコして水も飲みました。

その後、茹でた鶏むね肉をたくさん食べたんです。

なんか、生きようとする底力みたいなものをヒシヒシと感じます。

 そしてそのたびに、少し安心する自分がいます。

 

 

ココ蔵と旅の思い出2~ホロホロ山荘~

f:id:cocozoupome:20210401170355j:plain
f:id:cocozoupome:20210401170318j:plain
洞爺湖にて(2018年7月)
f:id:cocozoupome:20210401164103j:plain
f:id:cocozoupome:20210401170346j:plain
北湯沢温泉郷 湯元 ホロホロ山荘にて

 ココ蔵は、まだ入院中。

明日の夕方お迎えに行くことになっているので、今日も寂しい我が家なのです。 

そんな感じなので、今日も昔のことを思い出しながら旅行のことを書きたいと思います。

 

 ネットで調べていて、北湯沢に犬も一緒に泊まれる「ホロホロ山荘」という温泉があることを知り、2018年の7月に家族みんなで泊まりに行きました。

 

 その日は晴天で、ココ蔵の暑さ対策をして「いざ出発!」

中山峠を越えて、ちょっと遠回りして洞爺湖を眺めてから北湯沢に行きました。

 洞爺湖では、観光客がわんさかで、写真を撮るのもパッと撮らなければ💦と慌てました。

とっても暑かったので、ココ蔵の首に保冷剤を巻いて、犬用のカートに乗せて日差しを遮り、急ぎ交代でお土産屋さんを見たりしました。

 そこの飲むヨーグルトがすごく濃厚で美味しかったのを覚えています。

 

 温泉に着いて、玄関にはワンちゃんの名前を書いた歓迎看板が用意してありましたが、ロビーは熱気でムンムンしていて暑かったです。

 でも、ココ蔵の移動は、抱っこでもOKだったのがすごくよかったです。

 

 部屋は洋室のツインなので、二組に分かれました。

建物は古いけど、部屋のエアコンはしっかり効いていました。

部屋にケージも置いてあり、ワンちゃん用のシャワーもありました。

 注意事項は、ベットの上はワンちゃん禁止なのと、食事の時は、一緒にいけないので部屋で留守番させなければいけないこと。

 ココ蔵は甘えん坊で留守番できないので、二人ずつ食事に行くことにして、温泉は、夫一人、女三人と交代で行きました。

 

 ココ蔵は、泊りがけで連れて歩いても、私たち家族の誰かがいれば、わりと大丈夫なタイプの様です。(喜んで少し興奮気味にはなるけど)

 旅の間疲れるはずなのに、ココ蔵はずっと楽しそうにしているんですよね。

普段は、家事とかで忙しく動いているけど、旅行に行くとずっと一緒にいられるから嬉しいのかな?

 

 そうそう、温泉の外には、ワンちゃん用の足湯もあったんです

でも、夫がココ蔵を足湯に連れて行っても、嫌がってダメだったとのこと…残念。

 ドックランもありましたが、誰もいなかったし、ココ蔵もあんまり走れないのでお散歩して帰ってきただけでした。

 

 料金もリーズナブルだったので、食事のバイキングも素朴な感じでしたが、とっても美味しかったし、なにより温泉がすごく気持ちよかったです

 

 翌朝、夫と一緒にココ蔵の散歩に行く約束をしていたので、早起きしていそいそと一人で温泉に入りに行きました。

 

 誰もいなくて貸し切りで、いい気分で温泉に浸かっていると、一人入ってきました。

さて上がろうか、と温泉から片足を出したところでツルっと滑り、瞬間私は床に横たわっていました。

 思いっきり転んだのです!左半身を打って、痛くてしばらく動けなかった…

後で入ってきた年配の方が、「大丈夫ですか?」と声をかけてくれたけれど、痛くて痛くて。

 

 しばらく固まっていた後動けるようになり、「だ、大丈夫だと思います、すみません。」と、恥ずかしいやら痛いやらで、足を引きずりながら部屋に戻りました。

 そして、みんなに怒られました・・・いつも、何かやらかすから気をつけなさいと。

ほんと、楽しい旅行中にごめんなさい。

その日は、体中痛くて(おそらく打撲だったようで)、痛み止めを飲んで、足を引きずりながらなんとか過ごしました。

 もちろん朝のココ蔵散歩も行けずに、ぐすんな感じでしたね。

 

 帰りは、きのこ王国に寄って、支笏湖も見に行って帰ってきました。

 ちょっとアクシデントもあったけど、ココ蔵も尻尾フリフリで楽しそうにしていたし、それもいい思い出?です。

 

 ただひとつだけ身に染みたことは、温泉では、かならずどこかに摑まって移動しようということです。(当たり前だよ)

 みなさんもお気をつけ下さい。


f:id:cocozoupome:20210401164123j:plain

          支笏湖にて
 

 

 

ココ蔵と旅の思い出~ちょっとひと休み~

f:id:cocozoupome:20210330220820j:plain

f:id:cocozoupome:20210328190915p:plain
f:id:cocozoupome:20210328190846p:plain
ココ蔵とニセコ旅(2017年8月)

  ココ蔵を、朝病院に預けてきて(点滴をするため)、夕方迎えに行ったら、明日と明後日が休診のため、結局入院になってしまいました。

でも、治療をせずに家にいても悪くなるだけなので、先生にお任せして少しでも元気になったココ蔵を迎えに行くぞ!と、寂しいけれどガマンなのです。

 

 ココ蔵の居ない我が家は、とても静かで、夫の脱いだベージュのシャツの塊がソファに置き去りになっていて、遠くから見てココ蔵と間違えたり。

 あ…入院してるんだったって思うんですよね。

そして、昔の懐かしい写真とか見て色々思い出していました。

 

 ココ蔵と一緒の一泊旅行は四回行きました。

 2017年の8月は、ココ蔵、夫、娘、ばーちゃん、私の一匹と四人で、ニセコのコテージに泊まりました。

 すごく暑かったので、車のエアコンをガンガン効かせて行きましたが、ニセコのコテージは木々に覆われていて、エアコンは無かったけれど、扇風機だけで結構涼しかったです。

 

 夜は、みんなでコテージの外でバーベキューを楽しみました。

家からスクリーンを持って行ったので、虫が多かったけれど助かりました。

ココ蔵は、さらにカートに乗せて、メッシュの窓付きの屋根を付けて虫をガードしていました。

 

 犬もOKのコテージなので、少し古めかしい感じだったけれど、一階は、普通にココ蔵も自由にできたのでよかったです。

 ただ、寝室は二階に有り、ここはココ蔵は入ってはいけないので、私は一階のリビングのソファでココ蔵と寝ました。

それがちょっと狭くて疲れたな~という思い出があります。

 

 翌日は、ニセコ観光を楽しみました。

写真は曇っていますが、確か28℃くらいあって暑かったので、ココ蔵を涼ませながら気をつけて周りました。

 

 ボケていて写真はイマイチですが、蝦夷富士とも呼ばれる羊蹄山は、とっても美しくて存在感ハンパない感じで私は大好きです。

 そんな羊蹄山を眺めながら、搾りたての牛乳を使った美味しいスイーツがある「ミルク工房」や、羊蹄のふきだし湧水がある「京極ふきだし公園」なんかを巡りました。

 ココ蔵と一緒の時は、留守番部隊とお出かけ部隊を交代しながら行動することになっているので、ニセコ観光もそんな感じでしたが、とっても楽しかったです。

 

ココ蔵もお出かけが大好きなので、尻尾も上がって嬉しそうにしていました。

思えば、この時はまだ元気だったんだな~としみじみ思います。

 

 次の旅行の話は、また次回に書きたいです。

 

 【じゃらん】愛犬と一緒に泊まれる宿(ネット予約OK!)特集